機関紙『東京YWCA』

東京YWCAでは、会員向けに、年11回機関紙を発行しています。
ここでは、内容の一部をご紹介します。

機関紙『東京YWCA』 No.721(2016年12月号)

クリスマスメッセージ
 クリスマス、プレゼントは希望

上田亜樹子(立教女学院チャプレン)

 病弱だった母が亡くなった年のクリスマスイブのこと。学校帰りの弟と私は夕刻、父と川崎駅で待ち合わせ、キャンドルサービスに3人で行こうとしていました。仏教徒であった母の両親が教会の近くに住んでいたこともあり、それまでは教会に行く前に祖父母の家に寄り、夕食のテーブルを一緒に囲んでから急いで礼拝に向かったものでしたが、その年は祖父母も悲しくてそんな気持ちになれなかったのでしょう。「私たちは早く寝るから、今年は来ないで」と告げられていました。その晩、駅で待ち合わせた父と弟と私は、立ち食いそばのカウンターに3人並び、黙ってうどんをすすりました。うどんは温かだったけれど、足元は寒かった、そんな記憶が残っています。とりあえずお腹は空いていたので美味しかったけれど、心の空白はどうしていいのかわからなかったあの晩、寒い夜の街に響くクリスマスソングや奇麗なイルミネーション、お店からあふれてくる美しい灯りや飾り付けなど、まるで自分とは関係のない遠い世界の出来事のようでした。人々のところにはクリスマスが来るけれど、こんなふうに痛みで塞がった私の心には、クリスマスなんて来るわけがない、クリスマスのお祝いなんて関係ない、そんな気持ちだったように思います。
 「世界ではじめのクリスマスは」という讃美歌がありますが、聖書に描かれたクリスマスの物語はどうだったのでしょうか。実際、イエスさまが誕生した時代は、痛みと心の寒さに満ちあふれた社会だったと言えるでしょう。例えば聖書に病人がたくさん登場しますが、貧しい家庭の誰かが病気になっても医者に行くことは無理だった場合、高熱の子どもも、皮膚が剥がれた大人も、息が苦しい老人も、治ることを諦めない限りは、じっと横になって災いが過ぎるのを待つしかありませんでした。そして、病気の苦しみに加え人々をさらに苦しめたのは、様々な苦痛は「神からの罰」という常識があったことです。つまり、「因果応報」に似た考えで、辛い境遇に直面する原因は本人や家族にあり、不幸な出来事に遭う事実は、神さまの恵みから離れている証拠なので免れることのできない運命と教えられていました。さらに人々は、ずっと他国の支配を受けてきましたから、社会的な不平等や差別についても諦めかけていました。一生懸命働いても生活が安定せず、病気や怪我にもならずに成長した息子も兵隊にとられて戦死し、納めた税金が足りなかった故に愛娘が売り飛ばされる、そんな暮らしが続くと、生きることにいったい何の意味があるのか、と嘆くより他ない人生が想像されます。
 苦しみに出遭ってしまうのは、いわゆる「バチ」ではないし、恵みに漏れている証拠でもない、大切に愛されている人であっても、苦しみに遭うことはある、と神さまは伝えようとしてきました。しかし人々はそれを理解しなかったのでここは一大決心、神さまのひとり子をこの世に送り出すことにしました。生まれたその赤ん坊は成長すると、苦しみを抱えた人々に手を伸ばし、痛みを理解しようとします。どんな人にも神の恵みと慈しみが注がれていることを告げ、ひとりぼっちではないことを宣言していきます。つまりクリスマスは本来、解決のつかない苦しみや痛みの中にある人のために用意された、神さまからの究極のプレゼントではないかと思うのです。
 40年前に寒い心でうどんをすすった私たちにとって、クリスマスは関係なかったどころか、私たちに向けられた神さまからの大切なメッセージであったと、今は思うことができます。楽しくお祝いできる時だけではなく、苦しみや生き難さ、痛みを抱えている人々に備えられたクリスマス、その喜びがあなたにも届きますように!

バックナンバー

2016年11月号 障害があることと、パラスポーツの関係.pdf (橋本和秀)

2016年10月号 遠のく平和を、あきらめずに追い求めよう.pdf (石井摩耶子)

2016年8月号 「平和」の問題以前に「民主主義」を考える.pdf (上村英明)

2016年6月号 教育現場から18歳選挙権を考える.pdf (加藤英明)

2016年5月号 憲法記念日に思う.pdf (武井由起子)

2016年4月号 イースターメッセージ 甦るという奇跡を信じること.pdf (岩村太郎)

2016年2月号 となりびと 若い米兵との出逢い.pdf (砂川真紀)

2016年1月号 年頭にあたって 平和の種をまく.pdf (藤原聖帆)

2015年12月号 クリスマスメッセージ インマヌエルー神はだれと共におられるのか?.pdf (瀬戸英治)

2015年11月号 安全保障関連法の後に.pdf (川戸れい子)

2015年8月号 善悪を見分ける力.pdf (松本敏之)

2015年6月号 選挙が終わって 何が残った?.pdf (川戸れい子)

2015年5月号 「憲法9条」という希望をつなぐ.pdf (斉藤小百合)

2015年4月号 イースターメッセージ  平和があるように.pdf (神﨑雄二)

2015年2月号 平和憲法のために.pdf(新聞委員会)

2015年1月号 年頭にあたって 「喜びをもって集う場に」.pdf (俣野尚子)

2014年12月号 クリスマスメッセージ イエスこそ私たちの希望.pdf (ランデスハル)

ページトップにもどる