機関紙『東京YWCA』

東京YWCAでは、会員向けに、年11回機関紙を発行しています。
ここでは、内容の一部をご紹介します。

機関紙『東京YWCA』 No.732(2017年12月号)

クリスマスメッセージ
  クリスマスの光と闇

鈴木育三(社会福祉法人新生会常務理事、                                              日本聖公会北関東教区榛名聖公会教会嘱託執事)



 「マリアは日が満ちて、初めての子を産み、布に包んで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らに泊まる場所がなかったからである。」(ルカによる福音書2章6・7節)
 
 アドヴェントの季節になると、なぜか『評伝・バーナード博士・昼も夜も』(キリスト新聞社)を想い起こします。トーマス・バーナード博士が生涯をかけて力尽くした時代は、大英帝国の最盛期であり、産業革命・技術革新によって近代資本主義経済が確立し、貧富の格差は拡大し多くの貧困層が都市に流れ、イーストエンド地区はスラム化していました。彼はロンドンの片隅で路上生活を余儀なくされた少年少女たちに居場所を提供し、1870年「バーナード・ホーム」を開設して生きる意欲、生きる誇りを育みました。後の児童養護・保護法の産みの親となりました。
 いつの時代にも生活の場を奪われ、心やすらぐ場所がない人びとが居ます。21世紀の今日でも、戦禍に巻き込まれ、故郷の地を逃れた難民、流民(displaced person)といわれる人びと。原発炉心溶融により放出された放射能に汚染された土地を離れざるをえなかった人びと。経済格差や権力の暴力によって、人権が無視されている人たち。差別と偏見によって社会から排除された人びとを、私たち人間社会は生み出し続けています。この混迷する時代に翻弄され不安に怯えて、自国ファースト、自分ファーストになっている社会では、相変わらず「彼らの泊まる場所」はないのでしょうか。
 「あんたの居場所は、ここにはあるよ。」といって、傷つき疲れ切った動物たちを次々に迎え入れた『マローンおばさん』(こぐま社)の小さな物語は、クリスマスに相応しい物語ではないかと思います。

 「あなた方は、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」(ルカによる福音書2章12節)
 
 最初に、この出来事の重大性に気付いた人たちは、社会の片隅でひそやかに生きる人たちでした。この出来事はあまりにも小さな姿で顕れましたから、肥大化した富と軍事力と権力をもつ人びとには小さすぎてその出来事の意味を見出すことができませんでした。
 今日「ハイパー(超絶)資本主義」といわれる時代にあって、巨大な富と軍事的支配力(核兵器)に執着する者たちは、あたかも自分自身が大物になったかのように立ち振舞っています。それは彼らが核を笠に着て生きている者たちだからです。
 実に腑甲斐ないことに、日本政府はこの運動の発端となった人類最初の被爆体験国であるにもかかわらず、米国の核の傘に覆われたまま戦後72年今日に至っても身動きがとれません。
 今日の昏迷する時代にあって、私たちにもたらされた朗報があります。今年7月国連総会で「核兵器禁止条約」が決議され、現在五十数カ国が著名しています。とりわけ、今年の「ノーベル平和賞」が「核兵器廃絶国際キャンペーン」通称「ICAN」(International Campaign to Abolish Nuclear weapons)の働きに与えられたことです。
 この草の根の市民運動NGO(非政府組織)に、ノーベル平和賞が与えられたことは、核兵器に守られた平和は人類に真の平和をもたらさないことが地球市民(オイクメネ)に認知されたことを意味しているのではないでしょうか。
 今も昔もクリスマスは、"powerless power"の誕生の出来事ですから、十字架刑に処せられたメシアの顕現を想い起こして「神には栄え、地には平和、人に恵みあれ。」と賛美するのです。





バックナンバー

2017年11月号 「共に生きる」ということ.pdf (田中公明)

2017年10月号 知っていますか? 外国人労働者の問題.pdf (鈴木伶子)

2017年8月号 戦争・暴力の反対語は、平和ではなく対話です.pdf (暉峻淑子)

2017年7月号 天皇の「おことば」は天皇制に生かされるか.pdf (吉馴明子)

2017年6月号 米軍基地と沖縄.pdf (糸洲のぶ子)

2017年5月号 憲法記念日に思う バーニー・サンダースの選挙運動に学ぶ.pdf (宇都宮健児)

2017年4月号 イースターメッセージ からだのよみがえり.pdf (大久保正禎)

2017年3月号 東日本大震災から6年、東京YWCAの被災者支援の取り組みについて.pdf (池上三喜子)

2017年1月号 新しいタイプの指導者を迎える世界.pdf (ランデス・ハル)

2016年12月号 クリスマス、プレゼントは希望.pdf (上田亜樹子)

2016年11月号 障害があることと、パラスポーツの関係.pdf (橋本和秀)

2016年10月号 遠のく平和を、あきらめずに追い求めよう.pdf (石井摩耶子)

2016年8月号 「平和」の問題以前に「民主主義」を考える.pdf (上村英明)

2016年6月号 教育現場から18歳選挙権を考える.pdf (加藤英明)

2016年5月号 憲法記念日に思う.pdf (武井由起子)

2016年4月号 イースターメッセージ 甦るという奇跡を信じること.pdf (岩村太郎)

2016年2月号 となりびと 若い米兵との出逢い.pdf (砂川真紀)

2016年1月号 年頭にあたって 平和の種をまく.pdf (藤原聖帆)

2015年12月号 クリスマスメッセージ インマヌエルー神はだれと共におられるのか?.pdf (瀬戸英治)

2015年11月号 安全保障関連法の後に.pdf (川戸れい子)

2015年8月号 善悪を見分ける力.pdf (松本敏之)

2015年6月号 選挙が終わって 何が残った?.pdf (川戸れい子)

2015年5月号 「憲法9条」という希望をつなぐ.pdf (斉藤小百合)

2015年4月号 イースターメッセージ  平和があるように.pdf (神﨑雄二)

2015年2月号 平和憲法のために.pdf(新聞委員会)

2015年1月号 年頭にあたって 「喜びをもって集う場に」.pdf (俣野尚子)

2014年12月号 クリスマスメッセージ イエスこそ私たちの希望.pdf (ランデスハル)

ページトップにもどる