留学生が日本で生活するために Answer 1

留学生(りゅうがくせい)のみなさんが、日本で留学生活(りゅうがく せいかつ)するとき役(やく)に立(た)つ情報(じょうほう)を掲載(けいさい)しました。
内容(ないよう)について質問(しつもん)のある方は、ホームページの「質問箱」(しつもんばこ)から、留学生相談室(りゅうがくせい そうだんしつ)へ質問を送ってください。メールでお返事(へんじ)いたします。

1. 在留手続ざいりゅうてつづききについて

A1 - 1
在留ざいりゅうカード」携帯けいたい義務ぎむ

「在留カード」は、あなたが正(ただ)しい手続(てつづ)きで日本(にほん)に入国(にゅうこく)・滞在(たいざい)していることを証明(しょうめい)するものです。また、アルバイトをするときの「資格外活動許可(しかくがい かつどう きょか)」についても書(か)かれています。
役所(やくしょ)で手続(てつづ)きをするときやアパートを借(か)りるとき、アルバイトをするときにも必要(ひつよう)です。
3か月をこえて日本に滞在(たいざい)する外国人(がいこくじん)は、「在留カード」をいつも持(も)っているように法律(ほうりつ)で定(さだ)められています。道(みち)で警察官(けいさつかん)から「在留カード」を見(み)せるようにと言(い)われることもあります。

Questionにもどる


A1 - 2
出入国管理局しゅつにゅうこく かんりきょく入管にゅうかん)への届出とどけで

「在留カード(ざいりゅう かーど)」に書(か)かれている内容(ないよう)に変更(へんこう)があった場合(ばあい)、入管に届け出(とどけで)なければなりません。罰則(ばっそく)がありますので注意(ちゅうい)してください。

《住所(じゅうしょ)の届出(とどけで)
(す)まいを決(き)めたら、14日以内(いない)に「在留カード」を持(も)って市役所(しやくしょ)や区役所(くやくしょ)に住所(じゅうしょ)の届出(とどけで)をします。市・区役所では「在留カード」に住所を記入(きにゅう)して、その住所を入管(にゅうかん)に連絡(れんらく)します。
同時(どうじ)に、住民(じゅうみん)として日本人と同じく「住民票(じゅうみんひょう)」が作(つく)られます。自分の住所(じゅうしょ)などを証明(しょうめい)するときには、住(す)んでいるところの役所(やくしょ)の窓口(まどぐち)で、住民票の写(うつ)しを発行(はっこう)してもらうことができます。

《そのほかの届出 (とどけで)

  • 氏名(しめい)や国籍(こくせき)が変(か)わったときは、14日以内(いない)に、かならず入管(にゅうかん)に届出(とどけで)をします。
  • 進学(しんがく)や転校(てんこう)で学校(がっこう)が変(か)わったり、卒業(そつぎょう)、退学(たいがく)して在籍先(ざいせきさき)がなくなったときは、14日以内(いない)に入管(にゅうかん)へ届出(とどけで)をします。郵送(ゆうそう)することもできます。(入学(にゅうがく)や卒業・退学などについては、学校からも入管に届出がされます)
     郵送先(ゆうそう さき)
     〒108-8255
     東京都港区港南5-5-30 東京入国管理局 在留管理情報部門 届出受付担当
     (入国管理局電子届出システムもあります
  • 「在留(ざいりゅう)カード」をなくしたときは、すぐに警察(けいさつ)に行って、なくなったことを警察に届(とど)けたという証明書(しょうめいしょ)「遺失届出証明書(いしつ とどけで しょうめいしょ)」をもらいます。 なくなったことに気付(きづ)いた日から14日以内(いない)に入管(にゅうかん)で再交付(さいこうふ)の申請(しんせい)をします。
    (海外(かいがい)でなくした場合(ばあい)は、そのあと最初(さいしょ)に日本に入国(にゅうこく)した日から14日以内(いない)に申請(しんせい)します)
    再交付(さいこうふ)の申請(しんせい)に必要(ひつよう)なもの
    1.申請書(しんせいしょ)
    2.写真(しゃしん) 3cm×4cm
    3.遺失届出証明書(警察(けいさつ)に届(とど)けたときにもらったもの)
    4.パスポ-ト
    *普通(ふつう)は申請(しんせい)した日にもらえます。もしその日にもらえなかったときは、指定(してい)された日に申請受付票(しんせい うけつけひょう)とパスポ-トを持(も)って取(と)りに行きます。
    法務省「紛失等による在留カ-ド再交付申請

Questionにもどる


A1 - 3
日本になが滞在たいざいするとき
 ~在留資格ざいりゅう しかく期間更新きかん こうしん資格変更しかく へんこう

《在留資格(ざいりゅうしかく)
日本に入国(にゅうこく)したときに、日本で主(おも)にどんな活動(かつどう)をするか、その内容(ないよう)によって在留資格(ざいりゅう しかく)と在留期間(ざいりゅう きかん)が決(き)められます。
日本の学校(がっこう)で勉強(べんきょう)する予定(よてい)の留学生(りゅうがくせい)は在留資格【留学(りゅうがく)】になります。在留期間は在籍(ざいせき)状況(じょうきょう)により、3ヵ月から最長(さいちょう)4年3ヵ月まであります。

《在留期間更新(ざいりゅう きかん こうしん)
(き)められた在留期間を超(こ)えて日本に滞在(たいざい)するときは、かならず在留期間内に入管(にゅうかん)へ行って「在留期間更新許可申請(ざいりゅう きかん こうしん きょか しんせい)」をします。在留期限(きげん)の3か月前(まえ)から受け付(うけつ)けています。

《在留資格変更(ざいりゅう しかく へんこう)
学校を卒業(そつぎょう)して新(あたら)しい活動(かつどう)(たとえば就職(しゅうしょく))をするときは、新しい活動の在留資格に変更(へんこう)するため「在留資格変更許可申請(ざいりゅうしかく へんこうきょか しんせい)」をします。

Questionにもどる


A1 - 4
日本を出国(しゅっこく)して1年以内(いない)に戻(もど)るときは
 ~みなし再入国許可(さいにゅうこく きょか)

一時的(いちじてき)に日本を出国(しゅっこく)し、またもどってこれまでの活動(かつどう)を続(つづ)けるときは、出国する前(まえ)に再入国許可(さいにゅうこく きょか)を取(と)ります。
しかし、1年以内(いない)に日本へ戻(もど)る場合(ばあい)、原則(げんそく)として再入国許可を取る必要(ひつよう)はありません。出国するときは、再入国出国用(さいにゅこく しゅっこくよう)EDカードの「みなし再入国許可による出国」にチェックして、「在留カード」と一緒(いっしょ)に入国審査官(にゅうこく しんさかん)に出(だ)します。
みなし再入国許可の有効(ゆうこう)期間(きかん)は、海外(かいがい)で延長(えんちょう)することはできません。出国後(しゅっこくご)1年以内(いない)(在留(ざいりゅう)期間(きかん)の残(のこ)りが1年より少ない人は在留期限(きげん)まで)に日本に戻(もど)らないと、在留資格(ざいりゅう しかく)がなくなります。

Questionにもどる


2. 日本の学校がっこう入学にゅうがくするには

A2 - 1
学校(がっこう)の種類(しゅるい)と入学資格(にゅうがく しかく)

《日本語教育機関(にほんご きょういく きかん)
日本語教育機関には大学別科(だいがく べっか)、専門学校(せんもん がっこう)、各種学校(かくしゅ がっこう)、その他(た)の学校など、さまざまな形(かたち)の学校があります。最近(さいきん)は母国(ぼこく)で日本語を勉強(べんきょう)して、直接(ちょくせつ)日本の大学(だいがく)などに入学する留学生(りゅうがくせい)も増(ふ)えました。しかし多(おお)くの留学生は、日本語教育機関(にほんご きょういく きかん)で日本語や進学(しんがく)のための基礎科目(きそ かもく)を1年(ねん)から2年間(かん)勉強(べんきょう)して、大学などを受験(じゅけん)しています。

大学別科(だいがく べっか)や専門学校(せんもんがっこう)の日本語教育課程(にほんご きょういく かてい)に入学(にゅうがく)する場合(ばあい)は、在留資格(ざいりゅうしかく)【留学(りゅうがく)】で入国(にゅうこく)することができます。その他(た)の日本語学校(にほんご がっこう)は、法務省(ほうむしょう)で定(さだ)められた日本語学校であれば、在留資格【留学】で日本に入国(にゅうこく)することができます。

日本語教育機関(にほんご きょういく きかん)には日本語だけ勉強(べんきょう)するコースと、大学進学(だいがく しんがく)の準備(じゅんび)のためのコースがあります。日本語(にほんご)の勉強(べんきょう)を修了(しゅうりょう)したあとの進路(しんろ)や目的(もくてき)によってコースを選(えら)びましょう。
進学(しんがく)のコースに入学するには、12年の学校教育(がっこう きょういく)を修了(しゅうりょう)していることが必要(ひつよう)です。

* 法務省で定められた日本語教育機関を選ぶには
 JASSO「日本語教育機関」
 「日本語教育振興協会」
 全国日本語学校データベース

*大学入学(だいがく にゅうがく)のための準備教育課程(じゅんび きょういく かてい)
日本では、大学(だいがく)や専門学校(せんもんがっこう)に進学(しんがく)するには、12年の学校教育(がっこう きょういく)を修了(しゅうりょう)していることが必要(ひつよう)です。学校教育10年または11年で修了する国の場合(ばあい)は、文部科学省(もんぶ かがく しょう)から「大学入学のための準備教育課程(じゅんび きょういく かてい)」と指定(してい)された日本語教育機関(にほんご きょういく きかん)で、1年または2年間学(まな)ぶことで、大学入学資格(だいがく にゅうがく しかく)を得(え)ることができます。
 
JASSO「日本語教育機関」 (準備教育課程の指定を受けた日本語教育機関一覧デ-タ)
 文部科学大臣指定準備教育課程一覧

* 大学別科(だいがく べっか)
大学(だいがく)、大学院(だいがくいん)または短期大学(たんき だいがく)に入学(にゅうがく)する人のために、日本語(にほんご)、日本事情(にほん じじょう)その他(た)必要(ひつよう)な科目(かもく)を教育(きょういく)する教育機関(きょういく きかん)です。入学するには12年の学校教育(がっこう きょういく)を修了(しゅうりょう)していることが必要(ひつよう)です。
その大学の交換留学生(こうかん りゅうがくせい)のみ対象(たいしょう)とするところもあります。
 大学別科については
 JASSO「日本語教育機関」 (私立大学・短期大学留学生別科一覧デ-タ)

  Questionにもどる

《大学学部(だいがく がくぶ)
大学学部の正規課程(せいき かてい)は4年(ねん)、短期大学(たんき だいがく)は2年です。医学(いがく)、歯学(しがく)、獣医学(じゅういがく)は6年です。薬学(やくがく)は6年または4年です。 卒業(そつぎょう)すると学士(がくし)の学位(がくい)を取(と)ることができます。

* 入学資格(にゅうがく しかく)留学生特別入試で受験するには)
外国(がいこく)12年の学校教育(がっこう きょういく)を受(う)けている。
または国際(こくさい)バカロレアなどの資格(しかく)があり、18(さい)以上(いじょう)の人(ひと)
学校教育(がっこう きょういく)12年より少ない場合は、指定(してい)された日本語教育機関(にほんご きょういく きかん)の準備教育課程(じゅんび きょういく かてい)を修了(しゅうりょう)し、18歳以上の人。
その他くわしくは⇒文部科学省 大学入学資格について

* 聴講生(ちょうこうせい)、科目等履修生(かもくとう りしゅうせい)
どちらも「非正規生(ひせいきせい)」で、学位(がくい)を取(と)ることはできません。
科目等履修生は履修(りしゅう)した科目(かもく)の単位(たんい)を取得(しゅとく)することができます。
聴講生、科目等履修生で在留資格(ざいりゅうしかく)【留学】になるには、1週間(しゅうかん)に10時間以上聴講(ちょうこう)しなければなりません。大学によっては、週10時間の授業(じゅぎょう)をとることができない場合(ばあい)もありますので注意(ちゅうい)してください。

Questionにもどる

《大学院(だいがくいん)
研究室(けんきゅうしつ)で指導教授(しどう きょうじゅ)の指導を受(う)けながら、自分の研究(けんきゅう)テーマについて研究し、修士(しゅうし)や博士(はくし)の学位(がくい)取得(しゅとく)を目指(めざ)します。
修士課程(しゅうし かてい)(博士前期課程(はくし ぜんき かてい))2年、博士課程(博士後期課程(はくし こうき かてい))3年に分(わ)けられます。
(医学(いがく)、歯学(しがく)、薬学(やくがく)、獣医学(じゅういがく)の博士課程は学部6年の課程修了(しゅうりょう)(ご)4年)

* 入学資格(にゅうがく しかく)
修士課程(しゅうし かてい)は16年の学校教育(がっこう きょういく)を修了(しゅうりょう)し、学士(がくし)の学位(がくい)があること。
博士課程(はくし かてい)は修士(しゅうし)の学位があること。(医学(いがく)、歯学(しがく)、薬学(やくがく)、獣医学(じゅういがく)は学校教育18年の課程を修了していること)

* 研究生(けんきゅうせい)
自分の研究(けんきゅう)テーマについて研究しますが、学位(がくい)の対象(たいしょう)にはなりません。
大学院正規課程(だいがくいん せいき かてい)受験(じゅけん)の準備(じゅんび)期間(きかん)として、研究生を希望する留学生(りゅうがくせい)も多(おお)いです。
在留資格(ざいりゅうしかく)【留学(りゅうがく)】をとるには、1週間(しゅうかん)につき10時間(じかん)以上(いじょう)聴講(ちょうこう)しなければなりません。

Questionにもどる

《 専門職大学院 (せんもんしょく だいがくいん)》(修士(しゅうし)2年間)
社会的(しゃかいてき)・国際的(こくさいてき)に活躍(かつやく)できる高度専門(こうど せんもん)職業人(しょくぎょうじん)を養成(ようせい)するための、新(あたら)しいタイプの大学院です。
会計(かいけい)、MBA、MOT、公共政策(こうきょう せいさく)、公衆衛生(こうしゅう えいせい)、法科(ほうか)(博士(はくし)3年)などで、実務(じつむ)を多(おお)く取(と)り入(い)れた教育(きょういく)を行(おこな)います。

* 入学資格(にゅうがく しかく)
それぞれの大学院(だいがくいん)により条件(じょうけん)があります。直接(ちょくせつ)問い合(といあ)わせてください。

Questionにもどる

《専門学校(せんもん がっこう)
専門学校は社会(しゃかい)に出(で)てすぐに役(やく)に立(た)つ技術(ぎじゅつ)や知識(ちしき)を学(まな)ぶ学校です。主(おも)に2年制(せい)で、授業時間数(じゅぎょう じかん すう)など国(くに)が定(さだ)めた条件(じょうけん)を満(み)たす専門学校を卒業(そつぎょう)すると、「専門士(せんもんし)」の称号(しょうごう)を取(と)ることができます。
専門士を取得(しゅとく)し卒業すれば、日本で就職(しゅうしょく)することができますが、就労(しゅうろう)の在留資格(ざいりゅうしかく)を取るには仕事(しごと)の内容(ないよう)に条件(じょうけん)がありますので、よく調(しら)べて学校を選(えら)びましょう。
 【就職活動(しゅうしょく かつどう)のところを見てください。

* 入学資格(にゅうがくしかく)
A) 学校教育(がっこう きょういく)の条件(じょうけん)
外国(がいこく)で12年の学校教育を修了(しゅうりょう)しているか、または12年の課程(かてい)修了の学力認定試験(がくりょく にんてい しけん)などに合格(ごうかく)している18歳(さい)以上(いじょう)の人。
B) 日本語能力(にほんご のうりょく)の条件
日本語能力試験(にほんご のうりょく しけん)N2以上に合格(ごうかく)か日本留学試験(にほん りゅうがく しけん)の日本語が200点以上、または日本語教育機関(にほんご きょういく きかん)で6ヵ月以上(いじょう)の日本語教育(にほんご きょういく)を受(う)けていること。

東京の専門学校情報は  東京都専修学校各種学校協会「学科・講座を探すねっと」
全国の専門学校情報は  職業実践専門課程サイト

Questionにもどる


A2 - 2
大学受験だいがく じゅけん準備じゅんび

《進学(しんがく)する学校(がっこう)を選(えら)ぶには》
なにを学(まな)びたいのか、将来(しょうらい)どんな仕事(しごと)をしたいのか、まず、自分(じぶん)の目標(もくひょう)をしっかり定(さだ)めましょう。 それから自分の勉強(べんきょう)したい専攻(せんこう)のある学校の情報(じょうほう)を集(あつ)めます。
  学校情報を調(しら)べるには  文部科学省 教育
  学校の検索(けんさく)は  
JASSO「日本留学学校情報(大学院・大学学部・短期大学)」【検索】
「JAPAN STUDY SUPPORT」

《留学生特別入試(りゅうがくせい とくべつ にゅうし)
(おお)くの大学(だいがく)では入学試験(にゅうがく しけん)を日本人学生(にほんじん がくせい)とは別(べつ)に、外国人学生(がいこくじん がくせい)のための特別入試(とくべつ にゅうし)を行(おこな)っています。学校(がっこう)によって条件(じょうけん)は少(すこ)し違(ちが)いますが、基本的(きほんてき)には「海外(かいがい)にある外国(がいこく)の高等学校(こうとう がっこう)を卒業(そつぎょう)した人(ひと)」です。日本の高等学校を卒業した人は、日本人と同じ入学試験を受けます。

  《編入(へんにゅう)
短期大学(たんき だいがく)や専門学校(せんもん がっこう)を卒業(そつぎょう)した学生(がくせい)や、大学の1,2年で別(べつ)の大学に転校(てんこう)する場合(ばあい)、それまでに修了(しゅうりょう)した単位(たんい)を認(みと)めて、2年次(じ)または3年次に入学(にゅうがく)できる制度(せいど)があります。ただし、修了(しゅうりょう)した単位がそのまま認められるとは限(かぎ)りません。
編入(へんにゅう)を受け入(うけい)れるかどうかは大学により異(こと)なります。また、その年によっても変(か)わります。直接(ちょくせつ)希望(きぼう)する大学に問い合(といあ)わせてください。
  

《私費留学生(しひりゅうがくせい)の進学(しんがく)に必要(ひつよう)な試験》

*日本留学試験(にほん りゅうがく しけん)(EJU)
日本留学試験は、日本の大学に入学(にゅうがく)したい留学生(りゅうがくせい)の日本語力や基礎学力(きそ がくりょく)のレベルを調(しら)べるための試験(しけん)です。 多(おお)くの大学、特(とく)に国立大学(こくりつ だいがく)では、受験(じゅけん)のときEJUの成績(せいせき)が合格(ごうかく)の判断(はんだん)に使(つか)われます。
年2回行(おこな)われます。大学進学(だいがく しんがく)をめざす私費(しひ)留学生は、ぜひこの試験(しけん)を受けておきましょう。
海外(かいがい)でも受験(じゅけん)できるところがあります。 
EJUを受験(じゅけん)するとき、文部科学省(もんぶかがくしょう)奨学金(しょうがくきん)「外国人留学生学習奨励費(しひ がいこくじん りゅうがくせい がくしゅう しょうれいひ)」の予約申し込み(よやく もうしこみ)をしておきましょう。試験で優秀(ゆうしゅう)な成績(せいせき)を取(と)れば、大学学部(だいがく がくぶ)、短期大学(たんき だいがく)、専門学校(せんもんがっこう)の正規生(せいきせい)に入学(にゅうがく)したときに、奨学金を受(う)けることができます。
 EJUについては JASSO「日本留学試験(EJU)とは」
 海外試験実施機関への問い合わせ先

*TOEFL
日本留学試験(にほん りゅうがく しけん)には英語(えいご)の試験がありません。それぞれの大学(だいがく)で英語の試験をする所(ところ)もありますが、大学によってはTOEFLの成績(せいせき)を提出(ていしゅつ)させることもあります(特(とく)に国立大学(こくりつだいがく)で多(おお)い)。
TOEFLスコアが必要(ひつよう)な大学を受験(じゅけん)する人(ひと)は、あらかじめTOEFLを受験(じゅけん)しておきましょう。

*日本語能力試験(にほんご のうりょく しけん)(JLPT)
日本語(にほんご)を母語(ぼご)としない人( ひと)の日本語能力( にほんご のうりょく)のレベルを認定(にんてい)する試験(しけん)です。
日本で就職(しゅうしょく)したり、国家試験(こっかしけん)を受験(じゅけん)したりするときに求(もと)められることがあります。大学院(だいがくいん)進学(しんがく)や専門学校(せんもん がっこう)進学のときに、日本留学試験(にほん りゅうがく しけん)と同(おな)じように、日本語レベルの証明(しょうめい)にも使(つか)われます。
 日本語能力試験(JLPT)については  日本国際教育支援協会(JEES)

Questionにもどる

オープンキャンパスに行(い)ってみよう!

受験(じゅけん)する学校(がっこう)を選(えら)ぶ前(まえ)に直接(ちょくせつ)学校へ行って、学校の場所(ばしょ)や雰囲気(ふんいき)を見(み)てきましょう。
(おお)くの大学・大学院(だいがく・だいがくいん)で、オープンキャンパスや進学説明会(しんがく せつめいかい)をしています。大学生の話(はなし)が聞(き)けたり、授業(じゅぎょう)の様子(ようす)を見ることができる大学もあります。ぜひ、参加(さんか)して、自分(じぶん)の目(め)で見て確(たし)かめて来(き)ましょう。
日程(にってい)などのオープンキャンパス情報(じょうほう)
 ⇒ リクナビ進学

Questionにもどる


A2 - 3
大学院だいがくいん受験じゅけんするには

大学院(だいがくいん)は学部(がくぶ)で学(まな)んだことを基(もと)にして研究(けんきゅう)テーマをきめ、もっとふかく研究するところです。

《大学院受験準備(じゅけん じゅんび)

1. 研究計画書(けんきゅう けいかくしょ)をまとめる
なぜこのテーマを選(えら)んだか、研究(けんきゅう)の目的(もくてき)、方法(ほうほう)などをまとめます。

2. 指導(しどう)を受(う)けたい教授(きょうじゅ)や研究室(けんきゅうしつ)をさがす
研究テーマについて教授やその研究室から発表(はっぴょう)された本や論文(ろんぶん)を読(よ)んで、希望(きぼう)の研究室をさがします。
指導(しどう)を受(う)けたい教授(きょうじゅ)を探(さが)すには:
 研究者検索(けんきゅうしゃ けんさく)  researchmap
 学校の検索(けんさく)は  「JAPAN STUDY SUPPORT」
日本国内(こくない)の論文(ろんぶん)を調(しら)べるには:
 CiNii 「日本の論文をさがす」  CiNii Articles
 Qross 論文検索  Qross

3. 研究室(けんきゅうしつ)を訪問(ほうもん)する
研究室を訪問(ほうもん)するには、まず手紙(てがみ)やメールで研究室に連絡(れんらく)して、教授(きょうじゅ)との面会(めんかい)の予約(よやく)を取(と)ります。 なぜこの研究テーマを選(えら)んだか、なぜこの研究室に入(はい)りたいのかを、きちんと説明(せつめい)できるようにしておきましょう。
大学院(だいがくいん)でオープンキャンパスや進学説明会(せんがく せつめいかい)を開催(かいさい)するところもあります。ぜひこのような機会(きかい)を利用(りよう)しましょう。大学のホームページで日程(にってい)などを確認(かくにん)してください。

4. 事前承認(じぜんしょうにん)
願書(がんしょ)提出(ていしゅつ)(まえ)に指導教授(しどう きょうじゅ)の許可(きょか)(事前承認(じぜん しょうにん))が必要(ひつよう)な研究室(けんきゅうしつ)があります。希望(きぼう)する大学院(だいがくいん)に、事前承認が必要かどうか確認(かくにん)しておきましょう。

私は3年制(さんねんせい)の大学を卒業(そつぎょう)しました
  大学院(だいがくいん)を受験(じゅけん)できますか

大学院修士課程(しゅうしかてい)を受験(じゅけん)するには「16年の学校教育(がっこうきょういく)を修了(しゅうりょう)し、学士(がくし)の学位(がくい)があること」が必要(ひつよう)ですが、大学院において個別(こべつ)の入学資格審査(にゅうがく しかく しんさ)を受(う)け、大学を卒業(そつぎょう)した者(もの)と同等(どうとう)以上(いじょう)の学力(がくりょく)があると認(みと)められ、22歳(さい)になっていれば受験(じゅけん)できます。

1年間(ねんかん)研究生(けんきゅうせい)として在籍(ざいせき)すれば、正規生(せいきせい)の受験資格(じゅけんしかく)を認(みと)めるところもあります。
大学によって対応(たいおう)が違(ちが)いますので、もし、15年の学校教育(がっこう きょういく)しか受(う)けていない場合(ばあい)は、受験できるかどうか直接(ちょくせつ)大学に聞(き)いてみてください。  

Questionにもどる


A2 - 4
奨学金しょうがくきん

日本政府(せいふ)の奨学金(しょうがくきん)のほか、地方自治体(ちほう じちたい)や民間団体(みんかん だんたい)の奨学金があります。 日本政府の国費外国人留学生制度(こくひ がいこくじん りゅうがくせい せいど)以外(いがい)、ほとんどの奨学金は来日(らいにち)して学校(がっこう)に入学(にゅうがく)してから、学校を通(とお)して申し込(もうしこ)みます。

《国費外国人留学生制度(こくひ がいこくじん りゅうがくせい せいど)
文部科学省(もんぶ かがく しょう)から日本政府(にほん せいふ)の奨学金(しょうがくきん)を受けて留学(りゅうがく)します。学部留学生(がくぶ りゅうがくせい)と大学院(だいがくいん)に進学(しんがく)する研究留学生(けんきゅう りゅうがくせい)があります。 日本に来(く)る前(まえ)に、それぞれの国の日本大使館(にほん たいしかん)または日本の大学の推薦(すいせん)を受けて、文部科学省が決定(けってい)します。
大学院生には国内採用(こくない さいよう)もあります。

* 大使館推薦(たいしかん すいせん)
海外(かいがい)にある日本国大使館(にほんこく たいしかん)(国によっては総領事館(そうりょうじかん))が募集(ぼしゅう)・選考(せんこう)します。
* 大学推薦(だいがく すいせん)
日本の受け入れ大学から、主(しゅ)として海外(かいがい)の協定校(きょうていこう)の学生を文部科学省(もんぶ かがく しょう)に推薦(すいせん)します。
* 国内採用(こくない さいよう)
日本国内の大学に在学(ざいがく)する私費留学生(しひ りゅうがくせい)を、大学から推薦(すいせん)します。 現在(げんざい)は大学院生(だいがくいんせい)のみ。

《留学生受入れ促進(そくしん)プログラム 文部科学省(もんぶかがくしょう)外国人留学生学習奨励費(がくしゅう しょうれいひ)
日本で一番(いちばん)多くの私費留学生(しひ りゅうがくせい)が受(う)けている奨学金(しょうがくきん)です。大学の学部(がくぶ)・大学院(だいがくいん)、専門学校(せんもんがっこう)、日本語学校(にほんごがっこう)に在学(ざいがく)する成績優秀(せいせき ゆうしゅう)な私費外国人留学生で、経済的(けいざいてき)な援助(えんじょ)を必要(ひつよう)とする学生が対象(たいしょう)です。毎年4月に学校を通(とお)して申し込(もうしこ)みます。

《その他(た)の奨学金(しょうがくきん)
自治体(ちほう じちたい)や民間団体(みんかん だんたい)の奨学金については、日本学生支援機構(にほん がくせい しえん きこう)(JASSO)のホームページから調(しら)べることができます。

*日本留学のための奨学金情報(しょうがくきん じょうほう) JASSO「日本留学奨学金」

*東京YWCA「留学生の母親」運動奨学金
「りゅうがくせい の ははおや」うんどう しょうがくきん
東京YWCA「留学生の母親」運動奨学金は日本の大学学部(がくぶ)1・2年生、短期大学(たんきたいがく)1・2年生、専門学校(せんもんがっこう)1・2年生を対象(たいしょう)としています。
「留学生の母親」運動奨学金

Questionにもどる


A2-5
日本語支援にほんご しえん

自治体(じちたい)が提供(ていきょう)する日本語コース
あなたの町(まち)に日本語コースがあるかどうかは、住(す)んでいる市役所(しやくしょ)や区役所(くやくしょ)の国際交流(こくさい こうりゅう)担当窓口(たんとう まどぐち)や国際交流協会(こくさい こうりゅう きょうかい)に聞(き)いてみましょう。

ボランティア日本語教室(にほんご きょうしつ)
民間(みんかん)のボランティアが外国人(がいこくじん)のみなさんに、日本語の会話(かいわ)や文章(ぶんしょう)など、日本語学習(にほんご がくしゅう)のお手伝(てつだ)いをしています。無料(むりょう)または教材費(きょうざいひ)程度(ていど)の料金(りょうきん)です。
住んでいる近くでさがすには、市・区役所(くやくしょ)や国際交流協会(こくさい こうりゅう きょうかい)で聞いてみましょう。
  東京のボランティア日本語教室は
  東京日本語ボランティアネットワーク(TNVN )

東京YWCA「留学生の母親」運動(「りゅうがくせい の ははおや」うんどう)
留学生のための日本語支援(にほんご しえん)があります。

* 東京YWCA留学生談話室 (りゅうがくせい だんわしつ)
日本人(にほんじん)も外国人(がいこくじん)もグループで自由(じゆう)に日本語で会話(かいわ)をたのしんでいます。
留学生談話室
* 東京YWCA留学生相談室(そうだんしつ)日本語で話そう "火曜ルーム"
毎週(まいしゅう)火曜日(かようび)の午後(ごご)、日本人ボランティアと一対一(いったいいち)で会話(かいわ)の練習(れんしゅう)をします。
予約(よやく)が必要(ひつよう)です。
日本語で話そう"火曜ルーム"

Questionにもどる


留学生が日本で生活するために Answer 2 (生活情報/就職活動)