ニュースと情報 News & Information

留学生のための新しい情報や役に立つ情報です。Must-See!.png

16.11.2019

2019年度日本留学試験(第2回)
大阪会場における再試験の実施について

2019年度第2回日本留学試験は、11月10日に全国の二十三会場で実施されました。
ところが、試験を実施した日本学生支援機構(JASSO )のミスで、
大阪会場(大阪大豊中キャンパス)で受験を希望した2469人のうち、
1624人は試験問題の冊子が足りなかったために受験できませんでした。

JASSO は大阪会場で受験できなかった留学生のために、11月23日再試験を行います。
また、23日に受験できない人には別の日にも再試験を受けられるようにすると発表しました。
分からないこと、心配なことがあれば、下の連絡先に問い合わせてください。

日本学生支援機構 留学生事業部 留学生試験課
• 電話 03-6743-3820 / 03-6407-7457
• FAX 03-6407-7462
• E-mail jasso_eju@jasso.go.jp

くわしいことは

2019年度日本留学試験(第2回)大阪会場における再試験の実施について【第4報】
https://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_j/eju/eju201911_4.html
https://www.jasso.go.jp/ryugaku/study_j/eju/_
_icsFiles/afieldfile/2019/11/15/eju201911_4_1.pdf

16.10.2019

冬休みホームビジット

東京YWCA「留学生の母親」運動は、2020年1月に留学生のための冬休みホームビジットを行います。
参加希望の留学生は2019年11月15日(金)・16日(土) の午後1時から4時までに東京YWCA会館に申し込みに来てください。

くわしいことは ⇒2019冬休みホームビジットへ

1.7.2019

外国人の日本での就職を支援する新しいポータルサイトができました

日本の政府は日本で学ぶ外国人留学生や、日本で働いたり会社を作ったりする優秀な外国人を、世界各国から呼び込みたいと考えています。

そのために、政府はJETRO*に、大学、大学院を卒業した優秀な外国人が日本で働くための情報を紹介するポータルサイト、「高度外国人材活躍推進プラットフォーム」を作りました。
インターンシップ、ジョブフェア、セミナーなどのいろいろなイベント情報も紹介して、日本で働きたい外国人の希望する仕事と、日本の企業(中小企業も含め)とをつなげていく手伝いをします。

*JETRO:日本貿易振興機構(外国との貿易の拡大や、経済関係の発展を目的とする政府関連の機関)

高度外国人材活躍推進プラットフォーム JETRO

6.5.2019

留学生の就職先が広がります

5月30日、日本の大学(短期大学を除く)・大学院を卒業した留学生が、高い日本語能力を活かした幅広い活動をするための、新しい在留資格「特定活動」ができました。
これまでは認められなかった飲食店や小売店での接客業や製造業など、幅広い職種に就職できることになります。

留学生の就職支援のための在留資格「特定活動」で就職するためには、以下の条件を満たす必要があります。

・在学中に修得した知識や能力、日本語を主体的に使う仕事であること
・高い日本語能力(論理的にやや複雑な日本語をふくむ幅広い場面で使われる日本語を理解することができる能力)があること(試験などで日本語能力試験N1又はBJTビジネス日本語能力テストで480点以上が確認できること)
・日本人と同等額以上の給与を受けること等

ただし、風俗営業活動や法律上資格を必要とする仕事に就くことはできません。

くわしいことは⇒留学生の就職支援に係る「特定活動」(本邦大学卒業者)についてのガイドライン

27.04.2019

夏休みショートホームステイ

東京YWCA「留学生の母親」運動は今年も8月に、留学生のための夏休みショートホームステイ を行います。
参加希望の留学生は6月14日(金)・15日(土) の午後1時から5時までに東京YWCA会館に申し込みに来てください。
くわしいことは ⇒2019夏休みショートホームステイ

23.2.2019

大学入学資格が変わりました

大学入学に年齢制限があるって知っていますか?2019年1月、18歳の年齢制限が一部を残してなくなりました。
日本では、基本的に大学や専門学校に進学するには、12年の正規の学校教育を修了していることが必要です。以前は、国際バカロレアなどの資格がある人や、学校教育が12年より少ない国で、指定された日本語教育機関の準備教育課程を修了した人は、18歳に達していなければ入学できませんでした。
ただし、外国における12年の課程修了相当の学力認定試験に合格した人、大学において個別の入学資格審査により認めた人については、18歳以上となっていますので、注意が必要です。

くわしいことは⇒Q&Aへ

15.11.2018

専門職大学・専門職短期大学 新たに2校決定

2019年4月につくられる専門職大学・専門職短期大学として、新たに国際ファッション専門職大学、ヤマザキ動物看護専門職短期大学の2校が発表されました。
2018年11月までに決まった専門職大学・専門職短期大学は、高知リハビリテーション専門職大学、国際ファッション専門職大学、ヤマザキ動物看護専門職短期大学の3校です。

10.2018

2019年4月から 新しいタイプの大学ができます


仕事にすぐ役に立つ専門的知識と技術を学ぶことができる大学として、専門職大学・専門職短期大学が、来年4月に開校します。
産業界も協力して、新しいものやサービスをつくりだすことができる人、専門的な仕事の指導ができる人を育てます。
入学資格はこれまでの大学・短期大学と同じです。

専門職大学では
・5年以上の仕事の経験がある教師が40%以上
・会社で長期の実習(インターンシップ)ができる
・その仕事の経験がある社会人が入学する場合は、卒業までの年数をみじかくできる
・学ぶ仕事の分野は、観光、食と農業、医療、アニメ、ゲームなど
(医学、歯学、6年生の薬学、獣医学は除く)

くわしいことは ⇒ Q&Aへ

2018年10月5日文部科学省は2019年4月に開校予定の専門職大学について発表しました。17校が申し込みましたが、許可されたのは高知リハビリテーション専門職大学1校のみでした。

08.2018

インターンシップ
給料が出るときの資格外活動許可について

就職活動としてインターンシップをするときも、給料が出る場合は資格外活動許可が必要です。
夏休みなどの長期の休み以外で、インターンシップの時間が1週間について28時間をこえる場合は、仕事をする前に入国管理局から資格外活動許可とは別に、「1週間について28時間を超える資格外活動許可」を受ける必要があります。

申し込みできる人は
・在留資格「留学」で大学や大学院で学ぶ留学生(短期大学は除く)
・インターンシップを行う年度に卒業する学生で、卒業に必要な単位をすでに90%以上取っている大学4年生、修士2年生、博士3年生
・在留資格「特定活動」で就職活動をしている人や就職内定者(短期大学・専門学校卒業生をふくむ)
・卒業単位を取るために必要な実習など、専攻科目と関係がある場合