ご寄付のお願い

東京YWCA「留学生の母親」運動は、みなさまからのご寄付と、会員の会費とボランティアで活動を続けています。日本で学ぶ留学生への「留学生の母親」運動奨学金や「留学生の母親」運動の活動へのご寄付、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

送金方法につきましては、東京YWCAトップページの「参加・応援」⇒「寄付をする」をご覧ください。なお、ご寄付の「応援する活動」欄にて、寄付先の活動をご指定ください。

寄附金控除について
東京YWCAへのご寄付は、寄附金控除の対象となります。
確定申告の際にご利用いただける寄付金受領証明書は、毎年2月初旬までに財団管理部からお送りいたします。(証明書の送り先は、日本国内のみとさせていただきます)

「留学生の母親」運動に寄せられたご寄付

(2020/04〜2021/03)

*「留学生の母親」運動への寄付

・ 個人・企業:11件 356,111円

* 奨学金への寄付

・「留学生の母親」運動を支える会:170,000円(グループ「まどか」・工房「ひだまり」より)
・東京YWCAもったいないキャンペーンへのご協力:3,540円
・その他 個人・団体:64件 1,634,101円

* 留学生資金への寄付

・個人 80件 739,000円


「留学生の母親」運動へのご支援、ご寄付に心より感謝いたします

2020年度も多くの皆さまからのご支援、ご寄付を賜り、ありがとうございました。

新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの留学生が予定していた留学とは違った形となりました。学校はオンラインで授業を行うところが多く、友達ができない、日本語も話す機会が減ってしまった。アルバイトも思うようにできないなど勉強の面だけではなく、精神的、経済的にも困難な状況が出てきました。「留学生の母親」運動では、オンラインで留学生談話室を行ったり、留学生のストレスなどの勉強会をしたり、変わっていく留学生への情報発信などを多く行いました。昨年度は4月に入国が厳しい留学生のことを考え、20名の会員と留学生の「組み合わせ」を行い、「留学生の母親」運動奨学生は6名を迎えることができました。更にあと少しで卒業できるはずの留学生に留学の目的を達成する手助けに特別奨学金を20名に支給することもできました。
「留学生の母親」運動は、留学生との交流を通して日本での留学生活を支援し、信頼関係を結び、それが世界の平和につながっていくことを目指している運動で、今年度60周年を迎えております。
昨年度は、個人、団体様など多くの皆様からのご寄付で活動を支えていただきました。皆様方のあたたかいご支援に、あらためて心より厚く御礼申し上げますと共に、新型コロナウイルス感染拡大の影響が長引き、困難を強いられている留学生のための活動へのご支援、ご寄付を引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。
         「留学生の母親」委員会委員長 白幡ゆき子(2021年5月30日)