主催講座

女性支援に関する講座

【2014年度】

  •  「女性支援を語る連続講座」(講師:湯浅範子さん/民間シェルター支援員、元婦人相談員) 2014.pdf 

ピア・スーパービジョンに関する講座

【2014年度】

  • 「困ったときに支え合うグループの手法を学ぶ講座~SFRチームを活用する~」(講師:熊谷珠美さん/臨床心理士)  2014①.pdf
  • 「仲間同士で支え合うピア・スーパービジョン講座」(講師:熊谷珠美さん/臨床心理士)  2014②.pdf

リーダーシップに関する講座

【2014年度】

  • 「協働するちからを促進するグループリーダーシップについての勉強会~マトリックスワークス体験学習(全3回)」(講師:足立万里さん/マトリックスワークスジャパン代表、保健師、トラウマセラピスト)  MW2014.pdf

DVを経験した女性と協働する支援者トレーニング

◇ 支援者トレーニングとは

米国オハイオ州DV連合が支援者向けに開発したトレーニングです。「DV被害者の視点に立った支援」を目標に、講義やワーク、ディスカッションを通じて、支援に必要な心構えから実際のスキルまでを体系的に学べます。2日間(計14時間)、全時間修了者には、修了証を発行します。
*支援者トレーニングの全国への出張も承ります(1日~2日)  
チラシ(おもて).pdf チラシ(うら).pdf

◇ 2015年度の予定

2015年7月24-25日に青森県青森市で開催  詳しくはこちら→お知らせ

◇ 内容

1日目:DVのからくりを理解する
2日目:支援者の仕事/安全確保/支援に必要な技法/セルフケア

◇ テキスト

『DV被害者支援ハンドブック~サバイバーとともに』 尾崎礼子著(朱鷺書房)2,000円(税別)

◇ トレーナーチーム

支援者トレーニングは、この講座を日本に紹介した尾崎礼子さん(米国ソーシャルワーカー)の研修とスーパービジョンを定期的に受けているトレーナーが、チームでトレーニングを行います。
トレーナー同士がお互いを理解し、協力し合うチームワークを大切にしています。
トレーナーは、婦人相談員や施設職員など、行政や民間などで長年DV被害者支援に携わっているエキスパートたちです。

◇ 参加者の感想

  • ロールプレイ等たくさんサバイバーの立場を経験することができて良かった
  • 被害者の苦しみつらさ迷いなどが、以前より分かるようになったと思う
  • サバイバー達をより理解しようと思う前向きな姿勢で仕事に臨める
  • 視野が広がったので、今まで以上に落ち着いて話を聞くことができる
  • 一つ一つのワークが安全だったこと。支援にとって安全が大切であることを改めて感じました
  • 自分がやってきたことに価値があると思え、あらためて肯定できた
  • 婦人相談員としてやっていこうと思えた
  • これまでも様々な研修を受ける機会があったが、知識付与型のものが多い。実際に支援する際にギャップを感じることがあった。今回教えていただいた枠組みであれば、クライアントの状況に柔軟に対応できるという手ごたえをいただいた。
  • DVを男女2者間の問題としてだけでなく、社会的抑圧や構造そのものから考える視点がとてもよかったです。
  • サバイバーが多様なように、支援者もまた多様なのだと思いました。人対人の難しさを感じるとともに、人とのつながりあいの大切さも感じました。
  • 講座を通じ、「支援の仕事、やっぱりしてみたい」と素直に思いました。
  • 職場で共有し、より良い職場環境をつくり、支援の輪を広げたい

◇ その他

【2015年度】

・「新しい視点で聖書を学ぶ連続講座(前期)~フェミニスト神学にふれる~」 (講師:山口里子さん/日本フェミニスト神学宣教センター共同ディレクター) チラシ.pdf  詳しくはこちら→お知らせ

【2014年度】

・「フェミニスト神学にふれる~読書会『マルタとマリア』」 (講師:山口里子さん/日本フェミニスト神学宣教センター共同ディレクター) 2014チラシ.pdf