ご寄付のお願い

東京YWCA「留学生の母親」運動は、みなさまからのご寄付と、会員の会費とボランティアで活動を続けています。日本で学ぶ留学生への「留学生の母親」運動奨学金や「留学生の母親」運動の活動へのご寄付、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

送金方法につきましては、東京YWCAトップページの「参加・応援」⇒「寄付をする」をご覧ください。なお、ご寄付の「応援する活動」欄にて、寄付先の活動をご指定ください。

寄附金控除について
東京YWCAへのご寄付は、寄附金控除の対象となります。
確定申告の際にご利用いただける寄付金受領証明書は、毎年2月初旬までに財団管理部からお送りいたします。(証明書の送り先は、日本国内のみとさせていただきます)

ネパール大地震(2015年4月25日)により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

「留学生の母親」運動の会員有志で集めた、ネパール大震災被災者支援募金 83,962円は、日本YWCAを通してネパールYWCAに届けられました。ネパールYWCAでは、家を失った人々や現地ボランティアのための毛布・食糧などの物資支援、ピア・カウンセリング・サービスなどを行っています。一日も早い復興を祈ります。(募金は終了しています。2015年9月)

「留学生の母親」運動に寄せられたご寄付

(2015/04〜2015/09)

*「留学生の母親」運動への寄付

・「留学生の母親」運動を支える会:516,349円(サロンコンサート収益より)
・ポストバザーセール収益より:48,610円
・東京YWCAもったいないキャンペーンへのご協力:9,288円
・その他 個人・グループ:4件 70,000円

*「留学生の母親」運動奨学金への寄付

・「留学生の母親」運動を支える会 グループ「ひだまり」:40,000円
・その他 個人:4件 70,000円


「留学生の母親」運動へのご支援、ご寄付に心より感謝いたします

2014年度も多くの皆さまからのご支援、ご寄付を賜り、ありがとうございました。お蔭さまで今年度は、新たに組み合わせた留学生93名、奨学生5名を迎えることができました。
ご支援、ご寄付の中には、元留学生からお便りと共に寄せられたものもあり、成長した彼らが、今度は私たちの「留学生の母親」運動を応援してくれているということを、会員一同大変うれしく思っております。

また、「留学生の母親」運動を支える会のグループ「まどか」の皆さまには、通信販売や会合、バザーの物品販売により奨学金を支えていただき、工房「ひだまり」の皆さまにも、手仕事を生かして制作した品を母の会、バザー、イベント等で販売して、収益金を奨学金にご寄付いただきました。9月に代官山のヒルサイドプラザでチャリチィーのため催されたサロンコンサートや、11月東京YWCA会館で行われた「留学生の母親」運動を支える会バザーの収益金は、「留学生の母親」運動の活動費のご寄付としていただきました。

「留学生の母親」運動は、これからも「ひとりひとりの留学生と築いた信頼関係を通じて、世界の平和へと繋いでいく」という思いで活動を続けて参ります。今後とも、引き続きのご支援、ご寄付をどうぞよろしくお願い申し上げます。

「留学生の母親」運動委員長 白幡ゆき子(2015年2月25日)