東日本大震災への取り組み
東日本大震災の風化を防ぐプログラム「原発事故を なかったことにはできない」

東京YWCA東日本大震災被災者支援プロジェクトは、2018年に都内と近郊の会員に家庭の掃除機のダストを提供してもらい、認定NPO法人いわき放射能市民測定室たらちねに放射能測定を依頼しました。結果は、9つのサンプルすべてからセシウムが計測されました。あなたのお家だったらどのように感じますか?
福島第一原発の事故があったとき、「今日の晩御飯の買い物はどうしたらいいのだろう・・・」と途方に暮れたいわき市の子育て世代は、放射能を測りはじめました。放射能は「見えない・匂わない・感じない」環境汚染です。それが何をもたらしたのか、未来に向けて、いっしょに考えましょう。

日時 2019年10月19日(土)午後1時30分から3時30分
お話 田中典子さん(認定NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね・ベータ線測定ラボ担当)
定員 40人 参加費無料
場所 東京YWCA会館(千代田区神田駿河台1-8-11)
主催 公益財団法人東京YWCA 東日本大震災被災者支援プロジェクト
★申し込みは、下記申し込みフォームから前日までにお願いします。

風化を防ぐプログラム 参加申し込み
ラジオボタン必須

入力例:123-4567

入力例:foo@example.com

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。
This site uses a GlobalSign SSL Certificate to secure your personal information.