食 育

調理室の窓から

2020年8月

 幼児組は丸まると大きなスイカを1つずつ、お部屋で切り分けてもらうことにしました。スイカを取りに来た子どもたちは「わぁ!すっご~い。大きいね!」「持ってみたら、手が全部とれそうなくらい重かった!」「スイカの種はあとで埋めるの!」と目をキラキラさせて教えてくれました。手を大きく広げ、「おいしくて、こ~んなにいっぱい食べちゃった」と茶目っ気のある笑顔を見せてくれる子もいました。季節の実りに感謝して子どもたちが元気に過ごせるよう調理に励みたいと思います。