食 育

調理室の窓から

2017年3月

2月は、旬の"わかさぎの磯部揚げ"を出しました。乳児クラスの子は、特にお魚の内臓や小骨が気になる子も多いかなぁと少し不安に思い、クラスを回ってみると、子どもによっては苦手な子もいましたが、「おいしい!」と言いながら、丸ごと1匹よく噛んで、きれいに食べる子どもたちの姿もたくさん見られました。2歳児クラスでは、いつもはお魚が出るとあまり進まない子も今日は食べていましたよ!と先生が教えてくれました。まるごとのお魚でも、調理法を工夫することで子どもたちにも気に入ってもらえたようです。来年度も、同じ食材でも様々な調理法を試して、子どもたちの様子を伺いながら楽しく食べてもらえるよう、美味しい給食を作っていきたいと思います。

20170305.tif